RAW〜少女のめざめ〜

  • 2018.02.02 Friday
  • 00:00

 

これが長編デビューとなるフランスの女性監督ジュリア・デュクルノーが、カニバリズムを少女の性の目覚めのメタファーとして描き世界的にセンセーショナルな話題を集めた異色の青春ホラー。ベジタリアンの少女が自らの内に秘められた本性に目覚め、人肉への渇望と禁忌に対する抵抗のはざまで葛藤を深めていく姿を、過激な描写を織り交ぜつつスタイリッシュなタッチで描き出す。主演は本作が長編映画初出演となるフランス期待の新星、ギャランス・マリリエ。


ベジタリアンとして育てられた16歳の少女ジュスティーヌは、姉のアレックスも通う獣医科大学に入学する。初めての寮生活で不安いっぱいの彼女を待っていたのは、上級生たちによる新入生を迎え入れるための過激な儀式の数々。そんなある日、ジュスティーヌは儀式の一環として、うさぎの生の腎臓を強制的に食べさせられてしまう。以来、なぜか肉体的にも精神的にも急激に変わっていく自分に戸惑い、原因も分からないまま混乱していくジュスティーヌだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

純真無垢な箱入り娘が大学デビューして周りに迷惑をかける話でした。カニバリズムがテーマにありますが、喪失や喫煙等、大人へと成長する少女の成長譚でもありましたね。前評判でいわれている程、描写にキツさは別に感じなかったのですが、痒みで体を掻きむしって皮膚がただれて赤くなっている場面が一番怖気が走ってしまった…自分は肌が弱くて身に覚えがありすぎる描写だったので、アトピーが酷かった子供の頃の俺かよ!と思ってヒーヒー言いながら見てました。治まらない痒みは本当に辛いんだよなぁ…。

屋上での片腕の男の話題の後、ブラジリアンワックス中の事故は、皮肉が効いていて笑ってしまった。その直後の「食べるのかい? 食べないのかい? どっちなんだい!」と、なかやまきんに君ばりに選択を強いられるシーンもゾクゾクした。あと、オルガンのフレーズが印象的な、退廃的で荘厳なテーマ曲がカッコ良くて耳に残りました。マンソンの「THE NOBODIES」っぽい。

 

 

そういえば、人肉を食べた後、震えが止まらない症状が出るのってカニバルあるあるなんですかね? ジム・ミックルの『肉』でも見た覚えがあるけど。

 

少女の成長譚であり、パンキッシュな姉との過激な姉妹愛を描いた話でもありました。秀作。

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.02.19 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR