南無と阿弥陀の疑似漫才 第7回

  • 2009.11.25 Wednesday
  • 00:00
阿弥陀 (以下、阿) - 久しぶりに疑似漫才ですよ。前回から、実に7ヶ月ぶりです。

南無 (以下、南) - ホント忙しくてさ、忘れちゃってたんだよね…税金の申告。

阿 - お前は、茂木健一郎か!人の事はいいんだよ!

南 - 茂木さんも、税金の申告漏れが発覚したときは、思わず「アハッ!」って言ったらしいな。

阿 - 言ってねえよ!なんでそこでアハ体験しなくちゃいけねえんだよ! そのニュースもそうだけど、最近、話題になったと言えば、号外にもなったあの2つのニュースだよな。


阿 - 違うよ!そんなの号外出るほどのニュースじゃねぇだろ!

南 - AKB48は、テレフォンショッキングに出ていたんだけれども、メンバーの自己紹介だけで時間切れになってCMに入ってたからな。一体、何しに来たんだよっていう話だよ。

阿 - よけいなお世話だろうが!

南 - ま、帰り際には全員満足して、「スカート、ひらり」ひるがえして帰って行ったけどな。

阿 - わざわざ、AKB48の曲名にかけたボケしなくていいだろうが!

南 - そして、もう一つの号外、GACKTの年齢公表には驚いたね。

阿 - だから号外になってねぇよ!

南 - 今、36歳なんだってな。ネットで見たプロフィールには、1540年生まれって書いてあったから、どんだけ長生きしてんだよって今の今まで信じてたのにさ、裏切られた気分だよ。

阿 - なんでそんなこと信じてたんだよ。なわけねえだろ!

南 - Mizerable (あぁ無情)…

阿 - だから、曲名にかけたボケするなって。しつこいよ!

南 - あ、1540年生まれは森繁久彌さんだったけ?

阿 - 違うよ! 最初に言った号外になったニュースっていうのが、その森重久彌さんが亡くなられたことだろうが!

南 - そうだった。森繁さんと言えば、いつまでも生きていて不老不死のようなイメージがついていましたけどね。

阿 - 96歳という大往生でした。

南 - すっとぼけた感じでいたずら好きな一面もありましたよね。話しかけても、聞こえているのにワザと聞こえないふりをしたり。

阿 - ボケたふりをして周りを困らせたりするんだよな(笑)

南 - そうそう。あと、食事の席でわざとお酒をこぼすんだよ。股間の所に。そして、女性に拭かせる。そのあと、もう一回こぼすんだよ。確信犯だろ!って(笑)

阿 - ホント面白いエピソードだよね。

南 - 森繁さんのボケには、「介護」じゃなくて「ツッコミ」が必要だったんだよな!

阿 - 上手い事言ってんじゃないよ! あと、その森繁さんの死去の号外と一緒の紙面に載ったのが、市橋容疑者逮捕のニュースだったわけだよ。

南 - あ、イッチーな。

阿 - そんな愛称つけるなよ!

南 - でもさ、一部でそういう愛称を付けて呼んでいるバカもいるらしいんだよ。連行されていく姿が、水嶋ヒロに似ていてイケメンだったとかで。

阿 - こんなのに巻き込まれて、水嶋ヒロも災難だよな。

南 - ま、こういう犯罪者の容姿が元で、騒ぎ立てる奴らが出てくるのは今に始まった事じゃないけどな。ネバダの事件とかあったし…

阿 - まったく世も末だよな…

南 - そうだよ。そんな犯罪者なんかにうつつをぬかすような奴らは人としてどうかしてるから、俺がそいつらをぶっ殺してやるよ!

阿 - お前の行動がどうかしてるよ! あと、最近驚いたニュースと言えば、ハリー・ポッターシリーズでお馴染みのダニエル・ラドクリフ君が大麻を吸っていたという報道だね。ま、否定はされているようだけども。

南 - 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」っていう作品もあるくらいだからな。秘密の部屋でなにやってたんだか。

阿 - うるさいよ!

南 - なんでも、その部屋は押尾学も出入りしていたらしいな。

阿 - してねえよ!

南 - あ、押尾じゃなくて、三田佳子の次男だっけ?

阿 - だからしてねえし、ネタが古いんだよ! 大体、映画の話だろうが!

南 - そういえばさ、ハリー・ポッターシリーズには裏設定があるらしいんだよ。

阿 - 裏設定?

南 - たとえば、「ひょっこりひょうたん島」っていう番組あるだろ。あの人形劇の。

阿 - あるね。

南 - あの番組は、本編では触れてないけれども、登場人物が全員死んでいて、「死後の世界」の物語だという設定らしいんだよ。

阿 - へぇ、そうなんだ。

南 - それで、ハリー・ポッターなんだけれども。これは、ラドクリフ君扮するハリー・ポッターが、大麻を吸引してラリっていた時に見た幻覚を再現したドキュメンタリーっていう設定なんだって!

阿 - そんな設定ねえよ!

南 - だって、普通の人が魔法とか使えるわけないじゃんかよ!ドラゴンとか出てくるわけないじゃんかよ!あれ、登場人物全員ラリってんだよ。

阿 - あれは映画の中での話だろうが!完全な創作だよ!バカかお前は!

南 - 次回作も注目です!

阿 - うるさいよ! 注目されていると言えば、今年の流行語大賞ノミネートワードも発表されました。今年もまぁ、いろいろな言葉が流行りましたよ。オバマ大統領の来日も記憶に新しいけど、あの言葉流行ったよね。

南 - 「CHINGE!(チン毛)」

阿 - 違うだろうが!「CHANGE! (チェンジ)」だよ!そんな言葉流行ってねえよ!

南 - あと、天津木村の「あると思われます!」

阿 - おしい、おしいよ!「あると思います!」だろ。

南 - オードリー春日の「夢でお会いして以来ですね」も流行ったよな。

阿 - そっち!? 確かにそれもネタ中に言ってるけども、「トゥース!」の方だろ流行ったのは。

南 - トゥース!

阿 - うるせえうるせえ!

南 - ノミネートされたのをざっと見てみたけども、U字工事の「ごめんね ごめんね〜」が入ってないね?

阿 - あ、そういえば入ってないね。結構流行ったと思ったんだけどな。

南 - のりピーも一連の事件の謝罪会見の時「♪ごめんね ごめんね〜」って言ってたしな。

阿 - 絶対言ってねえよ!全然、詫びてねえだろそれ!

南 - 草食系/肉食系もいつの間にか流行っていたよな。

阿 - いまいち良くわかんないけどな。

南 - 草食系っていうのは、あれだろ。音楽でいう所の、ロキノン系で文学かぶれのひょろいクソ野郎共の事だろ?

阿 - その説明悪意入りすぎだろ!

南 - 肉食系っていうのは、まー、あれだ、え〜と、森久美子みたいなの。

阿 - それ完全に見た目だけで言ってるだろ!

南 - あと、絶食系男子っていうのがいて、それが市橋容疑者な!

阿 - そんなこと言われてねえよ!

南 - あ、もう食事しちゃったから違うか!

阿 - うるさいよまったく。あと、流行りと言えば最近、「森ガール」なる言葉をよく聞きますね。

南 - 森口博子のファンの事だろ?

阿 - 違うよ。なんで今さら森口博子なんだよ!

南 - じゃ、遊佐未森?

阿 - だから、違うよ!微妙な所突いてくるなよ。簡単な定義としては、ゆるくて、雰囲気のあるものを好むファッションスタイルで、ゆるい感じのワンピースが好きだったり、ニットやファーでもこもこした帽子が好きだったり、「美しい」や「きれい」というよりも「かわいい」ということに価値観を置く女性の事を言うらしいよ。

南 - なるほど。

阿 - おおざっぱに言えば「ゆるかわ」みたいなものなのかな。

南 - 頭と股がゆるいビッチの事?

阿 - 違うよ!

南 - でも、かわいい!

阿 - でもじゃないよ、全く。

南 - てっきり、陰毛がバッサバサな人の事を「森ガール」っていうのかと思ってたよ。

阿 - 絶対違うよ!

南 - それで、逆にアソコがツッルツルな人の事を描いたドラマも流行ってますよね。「不毛地帯

阿 - 全然関係ないよ!間違いすぎだよ!お前酷いな…ちゃんと謝って訂正したほうがいいぞ。

南 - …そ、それもそうだな。今の発言に不適切な箇所がありました。申し訳ありません。正しくは、『不毛地帯』ではなく、『不毛「恥」帯』でした。訂正して、お詫びいたします。

阿 - そこじゃねえよ!

南 - あ、『無毛恥帯』でした。すいません。

阿 - だから、そこじゃねえって言ってんだろ!お前、最悪だよ。失礼すぎるだろ。じゃ、俺が訂正してやるけど、「不毛地帯」は山崎豊子さん原作で、唐沢寿明さん主演のドラマな。

南 - 今回もそうだけど、以前も、山崎さん原作・唐沢さん主演でドラマ化された作品があったよな。

阿 - …なんか、嫌な予感もするけれど…

南 - 「黒い巨根」!

阿 - それを言うなら「白い巨塔」だろ!いい加減にしろ!

南無と阿弥陀の疑似漫才 第6回

  • 2009.04.25 Saturday
  • 00:00
阿弥陀 (以下、阿)「今日から2日間、宮城では毎年恒例となってきている「ARABAKI ROCK FEST.」が開催されているということなんですが、今日はあいにくの雨ということで…」

南無 (以下、南) 「見に行かれた方は、大変でしょうね」

阿 「明日もあまり天気が良くないみたいだから、防寒具とか、事前に準備できる物はしておいた方が良いかもね」

南 「防弾チョッキと、ガスマスクも忘れずに」

阿 「お前は、なんのライブに行くつもりなんだよ!」

南 「いや〜、流れ弾とか催涙弾とか怖いし」

阿 「そのライブ意味わかんねぇよ!危険すぎるだろ!」

南 「ライブは戦場だ!って、よく言うじゃないですか…」

阿 「本当の戦場なわけねぇだろ! モッシュとかダイブの危険行為を例えて、そう言ってるだけだよ!」

南 「ま、そんなことより、最近、見に行きたかったフェスがあるんですけどね、行けなかったんですよ…」

阿 「この時期、他にフェスなんてありましたっけ?」

南 「それがね、ゲリラ的に行われたんですよー 見たかったな〜! ニュースでも取り上げられていましたよ」

阿 「初耳ですけど…」

南 「え、知りませんか?「KUSANAGI ROCK FEST.」っていう、SMAPの草なぎ剛さんが、公園で全裸で騒ぐフェスティバルなんですけど」

阿 「それフェスティバルじゃねぇから! 事件、事件!」

南 「あ、どうりで! ライブなのに、アンコールじゃなくて、アルコール検出を求められていたわけですね」

阿 「全然うまくも何ともねえよ! まとめると、SMAPの草なぎさんが泥酔状態で公園で全裸で騒いで、公然わいせつ容疑で逮捕されたというね、珍事ですよ」

南 「珍事というか、フルチン事だけどな」

阿 「うるせーよ。なんでも、逮捕されて取り押さえられる間、「シンゴー!シンゴー!」と意味不明な言葉を発していたみたいですね」

南 「そこに、柳沢慎吾さんが「ウ〜ウ〜」って、お得意のパトカーのサイレンのモノマネをしながら駆けつけて、一通りネタやって帰っていったんだよな?」

阿 「そんな事実は一切ねえよ! それにしても、今回の事件は騒ぎすぎな感もありますよね。異例の家宅捜索も行われたという事で、有名税にしては高すぎる気もします…」

南 「そうですよ!最近、鳥肌実さんもネット番組の生配信中に全裸になりましたし、それに笑福亭鶴瓶さんを思い出してくださいよ! 生放送中に、よく全裸になってるじゃないですか!」

阿 「それとこれとは、また別の話だろうが!」

南 「裸になって何が悪いんですか!? そんな法律でもあるんですか!?」

阿 「あるから問題になってるんだろうが! バカかお前は! いい加減にしろ!」

南無と阿弥陀の疑似漫才 第5回

  • 2009.04.18 Saturday
  • 00:00
阿弥陀 (以下、阿) 「最近の邦画界は、「おくりびと」のアカデミー賞 外国語映画賞受賞以降、また盛り上がっている感がありますよね」

南無 (以下、南) 「同時期に公開されている「クローズZERO」や「ドロップ」などの不良映画も、相乗効果で活気づいていますよね」

阿 「あと、話題になっていると言えば、今日から公開される、綾瀬はるかさん主演の映画ですよ」

南 「パイオツバレーだっけ?」

阿 「違うよ!」

南 「パイズリバレーだっけ?」

阿 「さらに違うよ! ひどい下ネタになってるし!」

南 「じゃ、少林サッカー?」

阿 「もう、何もかも違うだろうが! 「おっぱいバレー」だよ!」

南 「もちろん、18禁の映画だよな?」

阿 「全然、そういう映画じゃないよ! あらすじを引用すると…」

1979年、北九州。中学校の新任国語教師・美香子は、男子バレー部の顧問を任されるが、そこに待っていたのは、バレーボールすらまともに触ったことのないやる気ゼロのダメダメ部員たちだった。彼らのやる気を引き出し、廃部寸前のバレー部を何とか立て直そうとする美香子だったが、ひょんなことから“試合に勝ったら、おっぱいを見せる”というとんでもない約束をさせられるハメに。おっぱいを見せるなんて絶対無理と思いながらも、別人のようにやる気を見せ始めた彼らと、日々の練習を通じて次第に信頼関係を築いていく美香子。そんな矢先、“おっぱいの約束”が学校で大きな問題となってしまう。 (C) allcinema


阿 「という内容なんだけれども、タイトルがタイトルなだけに配給会社では、抵抗のある人向けに「OPV」という呼び方を推奨しているらしいんだ」

南 「「OPPAI」じゃダメなの?」

阿 「ただローマ字にしただけじゃねぇか!」

南 「でもさ、映画見に行くとき絶対恥ずかしいよな」

阿 「ん〜、でも考えすぎなんじゃないの?」

南 「きっと俺なんか緊張しちゃって、窓口で「あ、あ、綾瀬はるかさんの、お、お、おっぱい見せて下さい!」って言っちゃうかもな」

阿 「バカかお前は!」

南 「それで、受付の人に「は?」って聞き返されて、焦っちゃって、「もう、誰でもいいんでおっぱい見せて下さい!」なんて、その場を取り繕ったりしてな」

阿 「もう、何言ってるかわかんねぇよ!」

南 「オパイオ州!」

阿 「うるせー!」

南 「ま〜、これに限らず、声に出すのが恥ずかしいタイトルってありますよね」

阿 「永作博美&松山ケンイチ主演で話題を呼んだ「人のセックスを笑うな」とか」

南 「ジョージ・クルーニー、マット・デイモン出演のサスペンスで「シリアナ」っていうのもありましたよ」

阿 「そういえば、ありましたね」

南 「タイトルで「シリアナ」ってねぇ……もう、最終的には、「アヌス」でいいよ!」

阿 「いいわけねぇだろ!」

南 「あと、「パイパニック」も声に出すのが恥ずかしいですよね!」

阿 「それは「タイタニック」をパロったエロ映画だろうが! そんなの見てる方が恥ずかしいよ! いい加減にしろ!」

南無と阿弥陀の疑似漫才 第4回

  • 2009.04.03 Friday
  • 00:00
南無 (以下、南) 「俳優の水嶋ヒロさんと、歌手の絢香さんの結婚が話題を呼んでいますね」

阿弥陀 (以下、阿) 「かたや人気イケメン俳優、かたや人気シンガーソングライターのビッグカップルですからね。突然のニュースに、二人のファンの方も動揺しているんじゃないでしょうかね」

南 「んもぉ、あたしのヒロ君に手出しちゃってぇ〜 絢香のヤツ、許さないんだからぁ」」

阿 「なんでいきなり、お姉キャラに切り替えてんだよ!気持ち悪いよ!」

南 「それはともかく、水嶋ヒロさんはイケメンなのはわかるとして、その上、スイスからの帰国子女で英語が堪能、中学・高校のサッカー部時代には全国大会出場、そして、慶應義塾大学卒業っていうじゃないですか」

阿 「ため息が出るほど、完璧な男ですね〜」

南 「その点、お前は、ブサイクでバカで運動音痴だもんな。同じ人間と思えないよ」

阿 「うるせぇよ! 比べる相手間違ってるよ!」

南 「でもさ、完璧に見える人に限って、何か致命的な弱点があったりしてな」

阿 「ん〜、たとえば?」

南 「強烈なワキガとか」

阿 「なんでだよ!」

南 「ポコチンの皮がかぶりまくってるとか」

阿 「うるせぇよ! あんまり適当な事言うな!」

南 「そういえば、今回の2人の結婚に対して、いち早く、ある芸能人がお祝いのコメントを出してましたね」

阿 「へぇ〜 誰?」

南 「『末永くお幸せに!』と、陣内&紀香が言ってましたよ!」

阿 「嘘つけ!皮肉にしか聞こえねぇよ! いい加減にしろ!」

南無と阿弥陀の疑似漫才 第3回

  • 2009.01.11 Sunday
  • 00:00
南無 (以下、南) 「いや〜、驚きましたね、CHAGE and ASKAの解散報道!」

阿弥陀 (以下、阿) 「そう、いきなりでしたからね。でも、これは誤報で、所属事務所は「そのような事実はございません」と明言しているから、ひとまずファンは安心ですよ」

南 「当のチャゲアス本人たちは、この誤報に怒り心頭で、ガセネタを流した人物に対して、『今からそいつを これからそいつを殴りに行こうか』って言ってるらしいですからね」

阿 「言ってねぇよ! それは『YAH YAH YAH』の歌詞だろうが!」

南 「しかし、もしですよ。もし、チャゲアスが解散になったとしたら、三人ともソロでやっていくんでしょうかね?」

阿 「ん? チャゲアスは二人組だぞ?」

南 「えっ! チャゲさんと、アンドさんと、アスカさんの三人じゃないんですか?」

阿 「誰だよ、アンドさんって! 勝手に増やすな!」

南 「あと、解散といえば、安達祐実とスピードワゴンの井戸田潤が解散!」

阿 「解散じゃねぇよ、離婚だよ! どういうことだよ、全く」

南 「結婚生活については、『あま〜く』無かったということでしょうか…」

阿 「うるせぇよ! その文句は、たぶん、どこのワイドショーでも使われてるよ!」

南 「安達祐実さんは、離婚という事で、また家なき子に逆戻りですよ」

阿 「意味がわからないよ! 」

南 「元夫に対して、『同情するなら、慰謝料くれ!』って言ったらしいですからね」

阿 「言ってねぇよ!」

南 「一方、井戸田潤さんは、これを機に、コンビ名をスピードワゴンから、『スピードリコン』に改名するって話ですよ!」

阿 「くだらないんだよ! いい加減にしろ!」

南無と阿弥陀の疑似漫才 第2回

  • 2008.11.06 Thursday
  • 00:00
阿弥陀 (以下、阿) 「米大統領選が行われて、アメリカに新しい大統領が誕生しましたね!」

南無 (以下、南) 「小室哲哉氏な」

阿「ボケが横暴すぎるよ! ニュースをごっちゃにするな!」

南「♪どこまでもー 限りなく降り積もる罪と あなたへの負債〜」

阿「変な替え歌うたうな! 話を戻すと、民主党のバラク・オバマ氏が当選したんだよ!」

南「あぁ、あの、デンジャラスのノッチに似てるやつな!」

阿「逆だろ普通! ノッチの方が、オバマ氏に似てるんだよ!」

南「え。だって、演説で、ノッチの真似して、『オバマでぇ〜す!』って、ギャグかましてたぜ!」

阿「嘘つけ! やるわけねぇだろそんな事! それはさておいて、今回の選挙で、米国初の黒人大統領が誕生したことになるんだ」

南「へぇ〜 じゃあ、前のブッシュは、初の白人大統領だったんだね」

阿「なんで、そうなるんだよ!」

南「そして、その前のクリントンは、初の不倫大統領!」

阿「うるさいよ!」

南「じゃあ、黒人大統領が誕生したお祝いに、ホワイトハウスを黒くぬっちまおうぜ!」

阿「発言に気を付けろよ! お前、消されるぞ!」

南「それにしても、デンジャラスのノッチとオバマ氏はホントに似てるよな。こっちがノッチで、こっちがオバマ? あれ? こっちがオバマで、こっちがノッチ? ややこしや〜」

阿「お前は、なだぎ武か!」

南「でもさ、今の若い人たちは、お笑い芸人のノッチの事とか知ってるのかねぇ」

阿「どうだろうね。昔のボキャブラ天国という番組から、名は知れてるとはいえ、やっぱり、今は、そのノッチより、パフュームの『のっち』の方が有名だろうね」

南「パヒョーム?」

阿「パフュームだよ!」

南「バキューム?」

阿「だから、パフュームだよ!」

南「パ・ヒウム?」

阿「違うよ! 何か、韓国の人の名前みたくなってるよ!」

南「あ、思い出した。あれだろ。メンバーそれぞれが、『あ〜ちゃん』『かしゆか』『のっち』の愛称で親しまれている、広島県出身の女性3人組テクノポップユニットで、昨年リリースされた『ポリリズム』で一気にブレイクして、今日、明日と、日本武道館でライブを行う予定の、あのパフュームだろ?」

阿「説明が的確すぎるよ! その前のボケは何だったんだよ、全く。」

南「あ、あと、『のっち』と言えば、元モーニング娘。にも、そんな人がいたよな」

阿「ん?のっち? そんな人いたか?」

南「いたじゃんかよ。安倍のつみ、通称『のっち』!」

阿「誰だよそいつ! それを言うなら、安倍なつみで、通称『なっち』だ!」

南「あ、そうだった。俺、そういうグループに疎くてさ、よくわからないね」

阿「でも、パフュームについて、あんなに的確に説明できたじゃないかよ。本当は、パフュームのファンなんじゃないの?」

南「いや、全然だよ。最初、パフュームを知ったのは、『コンピューターシティ』っていう曲のPVだったんだけど。それが、やたら良い曲で気になってて。で、次に『エレクトロ・ワールド』を聞いたんだけど、これがまた良くて! あと、今年出た『GAME』っていうアルバムがまた良いアルバムで、その中でもタイトル曲の「GAME」っていう曲が、なかなか渋くてかっこいいんだよ。もう、何回も聞いてるね…てなわけで、全然ファンじゃないよ」

阿「てなわけでじゃないよ! それじゃ、100パーセントファンだよ!」

南「あと、サイトとブログを毎日チェックしてるぐらいかな」

阿「じゃ、もう、2万パーセントファンだよ!」

南「そういえば、昔は、メンバーが違っていたらしいね」

阿「あ、それはなんか聞いたことある」

南「噂では、その脱退したメンバーの愛称も『のっち』だったらしいんだよ」

阿「へぇ〜、そうなんだ。その子の名前は?」

南「安倍のつみ、通称『のっち』」

阿「また、そいつ出てきたよ! 嘘つけ、いい加減にしろ!」

南無と阿弥陀の疑似漫才 第1回

  • 2008.11.04 Tuesday
  • 00:00
南無 (以下、南)「いや〜、今日は朝から驚くニュースがありましたね」

阿弥陀 (以下、阿)「どのチャンネルをつけても、そのニュースばかり!」

南「そうそう、『とくダネ!』で、小倉さんのズラが取れちゃって、それで、視聴率も取れちゃって…って、うまいね!」

阿「うまくも何ともねえよ!事実無根だし、失礼すぎるだろ! そうじゃなくて、小室哲哉が詐欺容疑で逮捕されたんだよ!」

南「そうだったそうだった! 「オレだよオレ、小室だよ! 今すぐ、5億円振り込んでオレオレ!」って言って、投資家から騙し取ったんだよな!」

阿「突っ込みどころが多すぎるよ! 大体、オレオレ詐欺じゃないし、何で自分の名前名乗ってんだよ。バカなのかよ。で、振り込んでオレオレって、全く意味がわからないよ!」

南「でもさ、小室さんの没落っぷりもすごいよな…一時期は音楽プロデューサーとして一世を風靡したわけだし」

阿「そうだね、小室哲哉がプロデュースしたアーティスト達は「小室ファミリー」と呼ばれ、出す曲出す曲、売れに売れたからね。安室奈美恵、華原朋美、鈴木あみ、globe、trf、等々、本当に流行ったよね」

南「tohkoっていう、ブスもいたけどな」

阿「そういう事言うなよ!『BAD LUCK ON LOVE』とか『ふわふわふるる』とか、今聞いても名曲だと思うぞ!」

南「あと、俺が覚えているのは、あれだな。篠原涼子のヒット曲。『愛しさと切なさと心強さと酒と泪と男と女とハチミツとクローバー』」

阿「混ざりすぎだろ!途中からおかしくなってるよ!」

南「それにしても、どうしてこんな事になったんだろうな?」

阿「どうやら、事業の失敗があったり、元妻への慰謝料の事だったりで、多額の借金があったらしいよ」

南「事業失敗って、あれだろ? エックスのYOSHIKIがglobeに電撃加入したことだろ」

阿「失礼なこと言うなよ!確かに、その発表には驚いたけど、全然関係ないよ! しかし、同じglobeのメンバーなんだから、YOSHIKIに何か相談でもしなかったのかね?」

南「たぶん、どんな話をしてもダメだったと思うよ」

阿「え?どうして?」

南「耳を貸して、紅 (くれない)…なんつって」

阿「なんつってじゃないよ!いい加減にしろ!」

数字の羅列

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Twitter

読んだ

新しいの

categories

古いの

罵詈雑言

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ファーストアルバム(仮)
ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
アップアップガールズ(仮)

recommend

recommend

recommend

ブラクラ

profile

森田検索

others

モザイク

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR